うなぎの栄養価がすごい

うなぎは土用の丑の日など暑くなってくる時期に強壮作用があるということで、食べられることが多いです。うなぎには、ビタミンAをはじめ、ビタミンB1、B2、ビタミンE、ビタミンD、カルシウム、鉄分、亜鉛といったミネラル分など様々な栄養が含まれています。特にビタミンAは、うなぎのかば焼きを100g程度食べるだけで2日分のビタミンAをまかなうことができます。
ビタミンAは、粘膜を強くし視覚を正常にする健康作用や精子の質を良くするといった作用があります。

粘膜が強くなるため風邪にもかかりにくくなります。ビタミンB1は疲労回復効果が、ビタミンEは抗酸化作用によって老化を防止することができます。ビタミンDは栄養ドリンクに多く含まれていますが、うなぎにも含まれており、カルシウムの吸収を助け骨粗鬆症になりにくくしています。夏の時期はビタミンB1が不足傾向にあるので、うなぎを食べることによって補うことができます。

この他、うなぎの脂には健康に良いとされるEPAやDHAが多く含まれています。これらの栄養素は生活習慣病を予防し、血液をサラサラにする作用があります。また、血管を強くするため動脈硬化を予防し、脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病になりにくくします。

コラーゲンも含まれている

ビタミンB1やビタミンA、E、カルシウム、鉄、亜鉛などといった栄養素の他に、うなぎにはコエンザイムQ10や、コラーゲンも含まれています。コラーゲンは健康ではなく美容に効果があるイメージがありますが、コラーゲンには細胞と細胞の橋渡しをする役割があり、肌の張りを良くするだけでなく、血管をしなやかにしたり、癌の予防になったりしています。うなぎのコラーゲンは身と皮の間に多くあるため、食べる際には皮ごと食べるとより効率よく摂取することができます。

また、コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることで体の中に吸収されていきます。うなぎにはビタミンCは含まれていないためピーマンやブロッコリーといったビタミンCが多く含まれている野菜を一緒に食べると良いでしょう。
このように、うなぎには、精子の質を良くする、動脈硬化を防ぎ生活習慣病を予防する、粘膜を強くし風邪をひきにくくする、がんを予防するといった効果があります。

ただし、ビタミンAのように多く摂ってはいけない栄養素もあります。特に妊娠中に動物性由来のビタミンAを食べすぎてしまうと、お腹の赤ちゃんに奇形や先天性の疾患のリスクが高くなってしまいます。食べる際には、量に気を配るようにします。